News
お知らせ

東京駆ける三公演

少女都市は2019年春・夏シーズンに、
半年間に3作品を上演する、
【 東京駆ける三公演 】をおこないます。

第一弾は『永浜』
第二弾は『向井坂良い子と長い呪いの歌』
第三弾は『光の祭典』


共通テーマは、「道」
3公演を通して、一人の人間が困難を乗り越える、その遥かで尊い第一歩を描きます。

走るわたしの描く物語が、明日のあなたがまっすぐに一本道を駆けてゆく、そのためのバトンとなるように。

少女都市の新しいチャレンジに、
ぜひご声援お願いいたします!


2019年2月7日
少女都市 主宰:葭本未織

東京駆ける三公演をお得に観劇できる、
三公演通しチケット発売中!

ラインナップ

3月『永浜』

日時:3月22日(金)〜24日(日)
劇場:阿佐ヶ谷アートスペースプロット
作・演出:葭本未織

舞台は琵琶湖のほとりの高級老人ホーム。
慰問に訪れた貧乏劇団は、
一人の老婆が築き上げた莫大な遺産を巡る
二人の孫娘の争いに巻き込まれる。

人質として残された口がきけない青年・啞(あ)は、屋敷の奥で不思議な女と出会う。ひとたび女が手をやると、どんなに固い唇も開き、言葉があふれる。しかしその言葉は「自分の言葉」ではなく、「女の言葉」なのであった。

啞と二人の孫娘、そして三人の俳優たちは、次第に女の過去に引きずりこまれてゆくー。

5月『向井坂良い子と長い呪いの歌』

日時:5月22日(木)〜26日(日)
劇場:池袋BASE THERTRE
作・演出:葭本未織

2018年に上演した作品のリメイク版。

舞台は演劇の街・池袋。R大学の演劇学科。
元・子役の向井坂良い子は、演出家志望の同級生・半澤もなみに女優としてスカウトされる。ぶつかり合いながらも共に演劇の高みを目指す二人だったが、良い子には秘密があった。
かつて人気を博した一つの作品、一人の演出家、二人の俳優。

ある少女が自分にかけられた呪いを断ち切るまでの、苦難と救いの日々を描いた青春群像劇。

8月『光の祭典』

日時:8月21日(水)〜27日(火)
劇場:こまばアゴラ劇場
作・演出:葭本未織

2017年・2018年と再演を重ね、関西演劇界で大反響を巻き起こした社会派サスペンス、満を持しての東京公演。

レイプが原因でカメラを持てなくなった女流映画監督・まこと。震災で失った父親の死を忘れられずにいる駆け出しの映画青年・江上。

映画を通して惹かれあった二人の蜜月は、突如、江上が姿を消すことで終わる。半年後、再び現れた江上の手には、まことを盗撮したカメラが握られていた。

暴力と権力に踏みにじられ、誰かを傷つけることでしか自分を癒すことのできない若者たち。憎しみと暴力の連鎖を断ち切り、歩み出すことはできるのか。

自身も阪神淡路大震災を被災した作家・葭本未織が描き出す、喪失と復活の物語。

次回公演

第一駆ける公演
『永浜』

3/22(金) 16:00~ /20:00~
3/23(土) ☆12:00~/16:00~/20:00~
3/24(日) 12:00~ /16:00~

上演時間は60分を予定しております。
☆...佐々木ののか氏(文筆家)による
アフタートーク有り

劇場:阿佐ヶ谷アートスペースプロット
作・演出:葭本未織

杉並演劇祭参加作品
取材・問い合わせ等は下記メールフォームから。

Cast

東谷英人
(DULL-COLORED POP)
小野寺絢香
倉島聡
篠崎健人
空風ナギ
谷風作
葭本未織

STAFF

照明:磯崎みずほ
音響:矢作理
当日運営:市村彩子
写真撮影:佐々木啓太

Ticket

前売チケット・・・3,000円
(U-25は2,800円・要証明書)

先行入場チケット・・・3,500円

三公演通しチケット・・・10,000円

ご購入方法

オススメ!
クレジット決済
演劇パスというサービスを利用します。
会員登録を行い、クレジットにて決済が可能です。
手数料無料。
☆備考欄に応援している俳優の名前をお書きください

振込決済
予約フォームに必要事項を記入すると、
メールが届きます。
そのメールに記載されている振込先へ
お振込いただき、決済完了です。
手数料有。

当日精算
(前売料金のプラス500円)
予約フォームに必要事項を記入すると、
メールが届きますので、予約完了です。
お支払いは当日受付で行います。
料金は上記2つの事前決済より、プラス500円です。

※開場時の入場順は、
①先行入場チケット・3公演通しチケット
②前売チケット(事前精算済の方)
③前売チケット(当日精算の方)
④当日券
です。

※当日券は前売チケットのプラス500円
完売の場合販売いたしません。
販売状況は少女都市Twitterにてお知らせいたします。

※キャンセルによる払い戻しは、原則として一切行いません。日程の変更のみ、お受けいたします。

受付開始は開演の40分前、開場は開演の30分前。
日時指定・全席自由席・要予約
未就学児童入場不可

三公演通しチケットについて

東京駆ける三公演をお得に観劇していただけるチケットです。

有効期限 3月22日〜8月27日
料金 10,000円
発行責任 少女都市 制作部

通しチケットは当日、会場受付にて手渡しさせていただきます。

ご注意
 1 お申し込みされた御本人しかご利用できません(本人証明必須)
2 各公演は1回のご観劇となります
 3 ご入場には事前の日時が必要です
 4 払い戻しはできません

『永浜』の日時指定について
ご購入時にご希望の日時を指定してください。
・クレジット決済
・振込決済

『向井坂良い子と長い呪いの歌』・『光の祭典』の日時指定について
・ご希望の観劇日の3日前までに下記メールにてご予約ください。
・ご希望の回が満席の場合、他の回をご案内することがございます。

 メール・お問い合わせ:girlsmetropolis@gmail.com

ACCESS

阿佐ヶ谷アートスペースプロット

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1丁目9−10
最寄駅
●JR中央線「阿佐ヶ谷」南口下車(土、日、祝日は快速は停車しません)徒歩7分
●地下鉄東西線「阿佐ヶ谷」南口下車・徒歩7分
●営団地下鉄丸の内線「南阿佐ヶ谷」下車・徒歩3分
NEWS 2

鳥公園のアタマの中展2

葭本未織が演出を努めます。

3月6日(水)   19時開演
『緑子の部屋』
演出:葭本未織(少女都市)
東京芸術劇場 アトリエイースト

鳥公園 公式サイトはこちら

AM忘恋会2018

『わたしを通りすぎたすべての人の命が今日終わるよう呪っている』葭本未織による恋愛コラム掲載

記事はこちらから

テレビ出演情報

日本テレビ 福バカドラマPJ
「ご参考までに。3」10月15日(月)23:59〜24:54
出演:狩野陽香、葭本未織

公式サイトはこちら

テアトロ 2018年 08 月号

第4回公演『光の祭典』劇評 掲載。
「鋭利な台詞。傷付く女性を被害者・加害者の両面から捉えた視点が新鮮。暴力による心的外傷を、自力で克服する苦渋と決意を描写。」

ご購入はこちら

☆ロングインタビュー

ゲキオシ!【U-25の衝動】

少女都市 葭本未織インタビュー「私の演劇は、社会を変えるためにある」
葭本未織という才能が、今、演劇界を静かにざわつかせている。処女作『聖女』で第60回岸田國士戯曲賞に推薦。これまで劇団子供鉅人、オイスターズ、FUKAIPRODUCE羽衣、コトリ会議など気鋭の団体を選出してきた「次世代応援企画 break a leg」の平成30年度参加団体にも選ばれ、一躍葭本未織と彼女が率いる少女都市という劇団の名前が、演劇界に広がりはじめている。
U-25を対象とした若手演劇人特集の第1弾は、そんな大器の予感を秘めた新鋭が登場。葭本未織 25歳の衝動を紐解く。

詳細

☆記者会見

平成30年度 次世代応援企画break a leg ロングインタビュー

「私は、すべての性暴力を、すべての抑圧を、決して許しません。芸術の名の下に誰かが誰かを抑圧する時代は終わりを告げていて、私たちはその真っただ中にいます。同じ時代を生きる人に見てもらいたい作品です。」

詳細

少女都市宣言



少女都市は、女性の持つ暴力性をテーマに、
女性の情念を、舞台空間に女優の体と言語で解き放つ。


少女都市の「少女」とは、
喜び・怒り・憧れ・憎しみ・優越感・劣等感…
いくつもの想いが混在する情念の「器」のことだ。


傷つけられ蔑まれ、簡単には納得できない複雑な想いが
少女の体と邂逅したとき、
少女は無意識に自分自身に嘘をつく。
少女の嘘は周囲を巻き込み、
次第にひとつの大きなうねりとして社会を変えていく。


少女都市が生み出すのは、閉塞感という空気が作り出したヒエラルキーを打ち破るためのアンセムである。




少女都市 Girls Metropolis
主宰・葭本未織 よしもとみおり

Contact

出演・執筆・取材など、お仕事の御依頼、お気軽にお問い合わせください。後日、担当者よりご連絡をさせていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信